笑顔の女性と目を閉じている女性

肌荒れを引き起こす

洗いすぎは美肌の大敵

洗顔には、汗や余分な皮脂を落としたり、メイクや汚れを落とす働きがあります。 ですが、よりキレイにしようとするあまり、洗いすぎて肌荒れを引き起こし、肌のコンディションを悪くしてしまうことがあります。 ごしごし指でこするようにしたり、熱いお湯で洗顔したりすると、肌の表面を覆い、肌へのダメージをガードしている皮脂を取りすぎてしまいます。 すると、空気の乾燥や紫外線などの影響を受けやすくなり、肌荒れを起こしてしまうからです。 また、ごしごし洗顔は、指の摩擦力で肌を傷付けてしまいます。手の指紋は、柔らかい肌にとっては、ヤスリと同じなのです。 ですから、肌荒れを防ぐためには、やさしく洗顔する必要があります。 メイク落としに、クレンジングオイルやクリームなどを使う場合は、指が軽くすべるくらいの分量で、なでるように洗います。 その後洗顔料を使う場合は、ネットなどでよく泡立てて、指ではなく泡で洗顔します。 指でこすり洗いすることが、肌荒れの大きな原因の1つです。

肌荒れによい「水洗顔」

朝など、メイクをしていない状態の時は、洗顔料を使わずに「水洗顔」だけするというのも、肌荒れ対策に効果的です。 敏感肌でなくても、洗顔料の洗い残しが肌に付着していると、かゆみなどの肌トラブル・肌荒れの原因になることもあります。 ですが水で洗っただけなら、その心配はありません。 水洗顔の際も、顔をごしごし指でこするのではなく、水で肌の汚れを流して落とす感覚で洗います。 さらに、すでに肌荒れを起こしている状態なら、水道水で洗った後、精製水・ミネラルウォーターを使います。 これは、肌に付いた水道水に含まれるカルキを落とすためです。 通常カルキは、ごく微量なので、肌に影響を及ぼすことは、ほとんどありません。ですが、肌荒れの状態の時には、精製水・ミネラルウォーターを使用した方が、より肌にやさしいからです。 最初から精製水などで洗ってもよいのですが、最後に使うだけなら少量で済んで、お財布にもやさしいです。